水 (1)

モノクロのプリント作業している時、最後に水洗という工程があるのですが、水洗の水の中にあるプリントがすごく美しくて、どうして水の中にあるプリントは美しいのだとうかといつも思っていました。
 

「水を潜らせる」という言葉を聞いた事もあります。料亭などでは使う前に器を水で湿らせると聞いた事もありますし、華道などでも、いけた後に霧吹きで水を吹いているのを見た事がります。80年代のアイドルのレコードジャケットでもアイドルが海に浮いていたり、お風呂上りの様なものもあったり。雨上がりや霧の中の森も、森全体が「水を潜らせた」状態になっている感じがします。
 

水って一体何なんだろうか。人間の70%くらいは水で出来ているって言いますし、人間、いや生物、地球にとっては無くてはならないものなのですが、その水が通る事でなぜ物事が美しいと感じるのだろうか。

 

20150610CL_002_2t

Posted in