水(2)

地球の歴史、46億年の中で生物が陸に上がったのが4〜5億年前と言われています。
最初に海が出来たのが41億年前で、最初の原始生命(バクテリア系でしょうか?)は約39億年前。すなわち、生物は長い期間ずっと水の中にいた事になります。
胎児は10ヶ月もの間、羊水の中で育ちます。羊水は塩分濃度は低いが、成分は海と同じと聞いた事があります。
ちなみに、人の誕生は生命の30億年の歴史と言う人も。水(羊水)の中で力を蓄え、地上に。
波のリズムと呼吸のリズムが同じであったり、穏やかな海を見ていると落ち着いたりするのは、そういう水の中での原始の生活(?)が何億年もの間に私たちに引き継がれているからでしょうか。

20150607s2_001w

j j j

水 (1)

モノクロのプリント作業している時、最後に水洗という工程があるのですが、水洗の水の中にあるプリントがすごく美しくて、どうして水の中にあるプリントは美しいのだとうかといつも思っていました。
 

「水を潜らせる」という言葉を聞いた事もあります。料亭などでは使う前に器を水で湿らせると聞いた事もありますし、華道などでも、いけた後に霧吹きで水を吹いているのを見た事がります。80年代のアイドルのレコードジャケットでもアイドルが海に浮いていたり、お風呂上りの様なものもあったり。雨上がりや霧の中の森も、森全体が「水を潜らせた」状態になっている感じがします。
 

水って一体何なんだろうか。人間の70%くらいは水で出来ているって言いますし、人間、いや生物、地球にとっては無くてはならないものなのですが、その水が通る事でなぜ物事が美しいと感じるのだろうか。

 

20150610CL_002_2t

j j j