森森 shin-shin

写真展「森森 shin-shin」で展示した写真を図録写真集で書いた前文と共に少しづつアップしていこうと思います。

 


 

(2015.06.05更新 3/7)

 

6 月、「2」という写真展を終えて、新しい気持ちで写真を撮ろうとしていた時、その時もまた毎日のように雨が続いた。まさに文字通り梅雨である。

梅雨と言っても永遠に雨が降り続く訳ではない。雨、くもり、晴れ、くもり、雨というサイクルを維持する。

そしてあるコトからあるコトへと変化する時、いやその最中に、モノゴトが美しくなると言う事を僕は経験的に知っていた。

(図録写真集 前文より)

5-0

5-1

 

「森森 shin-shin」図録写真集、PEG_Storeにて販売しています。

/ 106ページ / 210 x 148 mm(A5) / 54photos /

 


 

(2015.05.30更新 2/7 )

 

その菜種梅雨は桜の花を散らしてしまった。

そして春と言うにはストーブに火を入れるくらい肌寒く感じた或る日、僕は窓から見えるヴェールに包まれた山をずっと見ていた。

写真を撮れない日が続いていたためか、早くフイルム現像したかったからかは覚えてはないが、フイルムカウンターが33 とデジタル表示されていたカメラを手にとって、窓からヴェールのかかった山に向かってレンズを向けて3 回ほどシャッターボタンを押すと、自動でフイルムが巻戻る音が部屋に響いて、10秒もしないうちにまた静寂を取り戻した。

(図録写真集 前文より)

4

5

 

「森森 shin-shin」図録写真集、PEG_Storeにて販売しています。

/ 106ページ / 210 x 148 mm(A5) / 54photos /

 

 


 

(2015.05.26更新)

 

-森を歩くと言うこと-

しばらく雨の日が続いていた。菜種の花が

咲く頃に降り続く雨のことを菜種梅雨という

らしい。

(図録写真集 前文より)
1

2

 

「森森 shin-shin」図録写真集、PEG_Storeにて販売しています。

/ 106ページ / 210 x 148 mm(A5) / 54photos /